透析看護師の専門看護師になるには

透析看護師の専門看護師になるには

日本の医療は高度に発達してきたこともあり、看護師にも専門の知識を 持って対応する必要が出てきました。 そのため専門看護師制度委員会が発足し、専門看護分野の設定を 行っています。
准看護師の転職が気になる方へ

また、日本看護協会が行う専門看護師認定審査に合格した看護師は、 専門看護師として活躍することができます。 要求される水準としては、個人・家族・集団に対して卓越した看護を 行うなど、6項目について定められています。

すなわち「実践」「相談」「調整」「倫理調整」「教育」「研究」の 6つで、これらについて高水準で効率のよい看護を提供すると認められた 看護師ということになります。

専門看護師となった後も、水準を保つために5年ごとに更新のための 審査を受けなければなりません。専門看護師の数は年々増えてはいますが、 かなりハイレベルということもあり、全国的にみると数百人に とどまっています。

専門看護師になるには先ほど述べたように認定審査に合格する必要が ありますが、その審査を受けるにも条件があります。 看護師の資格を持っているだけでは条件を満たすことができず、 看護系大学の修士課程を修了し、かつ専門看護師教育課程の所定の単位を 取得していなければなりません。

その上で通算5年以上の実務研修が必要となります。 専門看護師分野については専門看護師制度委員会が定めていますが、 現在のところ次のような分野があります。 老人看護・精神看護・がん看護・慢性疾患看護・感染症看護など。

この専門看護分野は委員会に申請されたものを審議して随時追加されて いきますので、今後も時代の流れとともに増えていく可能性があります。

専門看護師は先ほど説明したように、かなり専門的で高度な知識や 実力が要求されます。 大学院で学んだうえ、さらに書類審査と筆記試験にパスする必要が あるので、専門看護師への道のりはかなりハードです。

専門知識と実務経験のどちらも重要なので、専門看護師と認定されればかなりキャリアアップにつながるでしょう。

看護師の転職理由について

看護師が転職する理由には色々ありますが、その中でも特に多いのはどのような理由なのでしょうか? 以下では、看護師の転職理由について紹介していきます。

1 仕事がやはりきつい

看護師が転職する理由といえば、仕事がきついことがまず挙げられます。看護師の仕事はシフトは変則的だけではなく、慢性的な人手不足により残業も多い傾向にあります。

また、仕事は肉体的にもきついものが多いですし、研修でも結構な時間を取られますので拘束時間が大きい傾向があります。こういった仕事環境のきつさで体を壊したり、耐えられなくなってしまって転職をしていく看護師は少なくありません。

2 人間関係が合わない

また、人間関係でも転職を考えるケースがあります。やはり仕事環境の関係からも、働いている人たち同士でいざこざが起こってしまうすることは珍しくありません。人間関係が悪化するとその職場で働きにくくなりますから、転職を希望するというケースが多いです。

3 キャリアや給与を上げるため

また、看護師はキャリアや給与を上げるために転職を行うケースもあります。病院によっては給与や研修の回数がかなり違っているようなケースが多く、今まで働いていた時よりもいい雇用体系があるケースも珍しくありません。

研修などの環境の変化によって、離職率が下がったようなケースもあります。そういった話もあるためか、ちょっとでもいい職場に行きたいと思って転職をするよう方が多いです。

4 生活環境の変化

最後に、出産や病気、転居などにより生活環境に変化があるケースを紹介します。

生活環境が原因で看護師を辞めた場合、別の仕事に行くような方が多く、看護師としてもう一度働くことは少ないです。看護師ですと、勤務体系の影響から環境により戻るのが難しい職業なのも一因です。

再就職に向けての研修を活用しましょう

看護師の求人はいつ見ても溢れています。病棟、外来、介護施設、訪問看護、保育園、クリニックなどなど。そしてそれなりの収入を得られる為、女性の自立には向いています。

実際、独身時代に何年か病棟経験を積んでおけば、結婚などで離職していても復帰する場は多いです。しかし、医療現場は目まぐるしく進歩していて、10年ほど離れていると全くの素人の様な気持ちになり、自信がなくなってしまう方も多く見られます。

時間も出来、働きたいけれどもう看護師は無理、と思っている潜在看護師の数は年々増加しています。高齢化社会や医療の多様化で看護師の需要は増え続けていることを考えると、とてももったいない気がします。

そこで看護協会やナース人材バンクの様な所では、復帰に向けた様々な研修が行われています。現在の医療についての講義や技術的な実習などがあり、新しい知識獲得と技術的なカンを取戻すのに最適です。

そして何より自分が「社会貢献出来るのではないか」「必要とされている」という自己肯定感が満たされ、希望を感じます。結婚・子育てで離職した場合、家庭に埋もれがちです。

しかし、再就職という目標を持ち、それも自分が若い頃に専門職として頑張ってきた分野で、もう一度活躍できそうだと思うと今までとは違った意味での希望が溢れてくるのではないでしょうか。

また、研修を通し出会った人達は、大概自分と同じような境遇のことが多いものです。そういう人達とのコミュニケーションを通し、悩みを共有したり、仕事以外の相談をしたり、そして再就職という共通の目標に向け励ましあったりという相乗効果が生まれます。

一人ではない、仲間がいる、というのは学生だけの話ではなく、どの世代にも大切なことだとつくづく思わされます。研修や仲間との出会いで、自信がつき今までとは違った自分を発見することも出来るでしょう。

せっかくの看護師としての資格、そして看護師としての貴重な資質を埋もれさせることのない様、潜在看護師の皆さん、ぜひ一歩踏み出して見て下さい。