看護方式の種類と特徴について

看護方式の種類と特徴について

看護師の勤務は、看護方式という決まりに則って定められています。 限られた看護師の人数でたくさんの患者さんのケアをするため、 24時間いつでも質の高い看護を提供するためにこうした方式が 定められました。

一人一人の看護師が責任をもって看護にあたるのは当然ですが、 病院という組織として考えた場合に、どのような体制で看護したら 効率的で質の良い看護ができるかを考えて看護方式が作られたのです。

看護方式はひとつの形に決まっているわけではなく、いくつかの パターンがあります。どの方式を採用するかは病院の方針により 異なりますが、病院独自の看護方式を採用しているケースもあります。

主な看護方式は「チームナーシング」「プライマリーナーシング」 「機能別看護方式」「モジュール型看護方式」です。 それぞれについて、簡単に説明していきます。

チームナーシングは数人の看護師でチームを作り、そのチームを 維持した状態で看護にあたるものです。 看護師には能力差があったり、家庭の事情などで長時間働けない 看護師がいたりします。

個々の看護師にこうした差があったとしても チーム制にすれば能力を均一にすることができます。 チームナーシングではリーダーを選出し、そのリーダーが メンバーに指示を与える形を取ります。リーダーは責任ある立場を まかされることにより、スキルアップが見込まれます。

プライマリーナーシングは患者に対して特定の看護師がずっと 担当者となって看護にあたるものです。 患者に主治医がついているようなものですね。

患者の立場からすると、自分の担当者が決まっているので 心強く感じられ、看護師の側としても責任感が芽生えるという メリットがあります。

担当の看護師が不在の時間帯については、代わりの看護師が 引き継いでその患者の看護につくことになります。 機能別看護方式は、その名の通り機能(業務)ごとに看護師を 割り当てます。

点滴をする看護師、処置をする看護師といった具合に役割分担を するものです。これは効率よく業務が行えるというメリットが あると共に、看護師からは仕事が単調になりやすく、自分が 患者の担当をしているという意識が持ちづらくなります。

モジュール型看護方式は、看護師を複数のチームに分け、 さらにそれをモジュールに分けて患者を担当する方式です。 これはプライマリーナーシングとチームナーシングの良い所を 合わせたような方式です。