看護師の転職方法と引き継ぎについて

看護師の転職方法と引き継ぎについて

一般企業で働く会社員と同様に、看護師の方も現在の職場に不満があったり 何か問題があったりして転職を考えることがあるでしょう。 転職先を見つける際はいろいろな方法がありますが、手っ取り早いのは 求人情報誌を手に入れて、そこに掲載されている所に応募することです。

求人情報誌は市販されているものもありますし、新聞の折込広告や フリーペーパーもあります。 そこで勤務地や勤務時間・給与などが自分の希望に合う病院があれば 問い合わせたり応募してみることになります。

看護師の場合は人手不足のことが多いので、応募すると採用される確率は 高いかもしれません。 勤務条件について気になることがあれば、応募の段階でよく確認しておく 必要があります。

夜勤がどれくらいあるかとか、残業が月平均何時間程度 あるかなどは大切なことなのできちんと聞いておきましょう。 ただ職場の雰囲気や人間関係については実際に入ってみないと分からない ことも多いので、なんとも言えない部分もあります。

また前職をやめてからしばらくブランクがある人などは再就職を不安に 感じるかもしれません。ブランクOKなどと記されている所なら再教育の 期間をとってくれると考えられます。

お子さんがいたり、親の介護をしていて長時間の勤務や夜勤が不可能ならば それも必ず伝えておかなければなりません。 最近はネットで転職活動をする人も増えています。メールでの問い合わせなら 夜間や時間があいた時でも大丈夫ですし、かなり便利に使えるでしょう。

めでたく転職先が決まったら、現在の職場に報告しなければなりません。 職場によって、退職日のどれくらい前に報告すべきか定められていることも あるので、よく確認しましょう。

退職者が出ると病院では新しい人員を確保しなければなりませんし、 あなたが行っていた業務の引き継ぎも行わなければいけません。 受け持ちの患者さんがいればその方たちへの影響も考えられますので、 辞める日まで気を抜かずに業務に取り組みましょう。