看護師と准看護師はここが違う

看護師と准看護師はここが違う

看護師と准看護師には明確な違いがあります。 一番大きな違いは、看護師が国家資格であるのに対し、 准看護師は都道府県知事が与える資格であることです。

看護師は患者さんのケアをするように定められていますが、 准看護師は看護師のもとで働くというふうに定められています。

看護師になるためには看護専門学校や看護短大、看護大学で 専門教育を受けたあと、国家試験に合格する必要があります。 看護大学は卒業するまでに4年間かかりますが、他は3年間です。

准看護師になるには、中学卒業後に3年間、または高校卒業後に 2年間、養成所で学ぶ必要があります。 その後都道府県が実施する試験に合格すれば、准看護師に なることができます。

看護師になるための国家試験は年に1回だけですが、准看護師の 試験は各都道府県で受けることができますから複数受験の チャンスがあり、合格の可能性はその分高くなります。

看護師と准看護師では給与や待遇に差があることが多いので、 できるなら看護師の資格を取得するのが望ましいと思いますが、 学校に通う期間や学費の問題等で准看護師を選択する人も いるでしょう。

もちろん一度准看護師になったあと、看護師を目指すことも 可能です。病院で准看護師として働きながら学校に通い、 看護師になる人もいます。

病院側が勤務に融通をきかせてくれたり、学費を援助するなど バックアップしてくれることもあります。

このように明確な違いのある看護師と准看護師ですが、実際に 病院に就職し、医療の現場に配属されるととくに区別することなく 働く場合もあります。

ただ先ほども述べたように、准看護師は看護師から指示を受けて 働くことになりますので、位置付けとしては看護師より下という ことになります。

そのため病院で何年か経験を積んだあとでも、准看護師が 看護師に指示を出すことはできなくなりますから、役職に 就くこともないでしょう。

せっかく看護の仕事に就いて業務を行うのであれば、 いずれは主任や師長になるなどキャリアアップをはかれる方が 良いような気がします。